同人誌の作り方
 ・ トップページ
 ・ Q&A
 ・ サイトマップ

原稿の作り方
 ・ 最初にすること
 ・ 描き方の手順
 ・ コピー誌
 ・ オフセット
 ・ 表紙
 ・ デジタル原稿本文
 ・ デジタル原稿表紙
 ・ 小説
 ・ CG集 PCゲーム

道具
 【 アナログ 】
 ・ 基本の道具
 ・ 白黒原稿用
 ・ カラー原稿用

 【 デジタル 】
 ・ パソコン 周辺器機
 ・ 原稿作成用
 ・ 印刷用

印刷・製本
 ・ コピー
 ・ CD DVD FD
 ・ 入稿
 ・ データ入稿

購入・配本
 【 買い方 】
 ・ 即売会
 ・ 通信販売
 ・ コミックマーケット

 【 売り方 】
 ・ 即売会
 ・ 通信販売
 ・ 委託

アプリ
 ・ 面付け
 ・ 表紙画像検索
 ・ 電子散歩
 ・ coffee break

コミュニティ
 ・ 参加型用語集
 ・ 宣伝掲示板
 ・ 同人掲示板
 ・ お絵描き掲示板
 ・ 連絡用メール

リンク
 ・ 印刷所
 ・ ダウンロード
 ・ 本屋・画材屋
 ・ 登録型リンク


CLAP !


同人誌の作り方

同人誌の作り方やイベントの参加方法などを雑談形式で説明


原稿の作り方 デジタル原稿表紙 1 原稿の準備とスキャン

 【 ナビ 】  リンククリックでそれぞれの説明ページへ

デジタル原稿表紙 1  原稿の準備とスキャン
デジタル原稿表紙 2  テンプレートの作成
デジタル原稿表紙 3  補正とゴミ取り
デジタル原稿表紙 4  仕上げ


全てデジタルで製作する場合は、必要の無い手順です
途中までアナログで作るときの注意点などを説明するぞ
表紙と裏表紙、必要ならば背表紙も一体とした原稿で作るように指定している印刷所もありますが、スキャンすることを考えるとバラバラに作る方が良いでしょう
下描き、ペン入れについては、「原稿の作り方 デジタル原稿本文」で説明した方法ですれば OKだ
タイトルについては、手書きの方が良い場合を除いて、デジタルで文字を入れます
単色刷りと同様、二色刷り(多色刷り)の場合も、指定の色で描く必要はなく黒で描く
二色刷りの場合、版ごとに原稿が必要になりますが、アナログとデジタルどちらで版を分けるかは自由です
慣れてくればデジタルの方が楽だろうな
フルカラーの場合もペン入れは黒でします。着色はデジタルでするので、画材にあったペンを使うといった制限はありません
表紙、裏表紙原稿の準備ができたら、スキャナーを使ってスキャンする
詳しい方法や注意点などは「原稿の作り方 デジタル原稿本文」で説明しているので、そちらを参照して下さい
スキャンするときのモードは「グレースケール」。「解像度」はスキャン時に指定するのも、本文原稿のときと同じだ
単色、二色(多色)刷り原稿の場合は、「グレースケール」で入稿するなら「600dpi」、「モノクロ2値(2階調)」なら「600dpi 又は 1200dpi」
フルカラーの場合は、「300dpi」~「350dpi」と指定している印刷所が多い
ちょっと分かり難いですが、スキャンするときは全てグレースケールで、その後に画像編集ソフトで入稿するモードに変更するという意味です
解像度はなるべく変更したくないから、スキャン時に入稿予定の解像度を指定するということだ

 【 ナビ 】  リンククリックでそれぞれの説明ページへ

デジタル原稿表紙 1  原稿の準備とスキャン
デジタル原稿表紙 2  テンプレートの作成
デジタル原稿表紙 3  補正とゴミ取り
デジタル原稿表紙 4  仕上げ




  【 同人用語集 】

  
 
   
 


  【書籍】 NEW!

同人誌の作り方が
本になりました

◇ 楽天ブックス ◇

デジタル同人誌の作り方

Amazonは こちら


  【電子書籍】 NEW!

Kindle版 同人誌
配本始めました

◇ kindleストア ◇

同人誌の作り方


同人用語集


  【ブログ】

   ・ 限定販売本一覧
   ・ 旧:限定販売本



  【広告】



Copyright(C) haruB All Rights Reserved.
since 2005