同人誌の作り方
 ・ トップページ
 ・ Q&A
 ・ サイトマップ

原稿の作り方
 ・ 最初にすること
 ・ 描き方の手順
 ・ コピー誌
 ・ オフセット
 ・ 表紙
 ・ デジタル原稿本文
 ・ デジタル原稿表紙
 ・ 小説
 ・ CG集 PCゲーム

道具
 【 アナログ 】
 ・ 基本の道具
 ・ 白黒原稿用
 ・ カラー原稿用

 【 デジタル 】
 ・ パソコン 周辺器機
 ・ 原稿作成用
 ・ 印刷用

印刷・製本
 ・ コピー
 ・ CD DVD FD
 ・ 入稿
 ・ データ入稿

購入・配本
 【 買い方 】
 ・ 即売会
 ・ 通信販売
 ・ コミックマーケット

 【 売り方 】
 ・ 即売会
 ・ 通信販売
 ・ 委託

アプリ
 ・ 面付け
 ・ 表紙画像検索
 ・ 電子散歩
 ・ coffee break

コミュニティ
 ・ 参加型用語集
 ・ 宣伝掲示板
 ・ 同人掲示板
 ・ お絵描き掲示板
 ・ 連絡用メール

リンク
 ・ 印刷所
 ・ ダウンロード
 ・ 本屋・画材屋
 ・ 登録型リンク


CLAP !


同人誌の作り方

同人誌の作り方やイベントの参加方法などを雑談形式で説明


原稿の作り方 デジタル原稿表紙

 【 ナビ 】  リンククリックでそれぞれの説明ページへ

デジタル原稿表紙 1  原稿の準備とスキャン
デジタル原稿表紙 2  テンプレートの作成
デジタル原稿表紙 3  補正とゴミ取り
デジタル原稿表紙 4  仕上げ


パソコン(PC)で表紙原稿を作成する上での注意点について話すことにするが、「原稿の作り方 デジタル原稿本文」もあわせて参照してくれ
途中までアナログで作成してスキャン後デジタルで仕上げをする方法と、最初から全てデジタルで作る方法がありますね
作成方法は無数にあるが、入稿する場合は印刷所によって決まりが異なるし、表紙の種類によっても違ってくるから注意が必要だ
入稿予定の印刷所の指示に従うようにして下さい
早速表紙作りに入りたいところだが、まずどんな表紙にするか決める必要がある
「原稿の作り方 表紙」で説明しましたがデジタルでも、「単色刷り」「二色刷り(多色刷り)」「フルカラー」など表紙の種類によって原稿の作り方が変わります
つや消し、光沢などの PP加工や、箔押しやトムソン加工といった特殊加工もできるが、データ入稿だとできない場合もある
逆にデータ入稿だけできる場合もありますから、依頼する印刷所でできる表紙を確認しましょう
オプションの種類や料金表を参考に、加工を選ぶと良い
期間限定のフェアなどによっては、普段高くて手を出せないような特殊加工でも、安くできることがあったりします
コピー誌なら特殊加工は自分ですることになるが、PP加工や箔押しは難しいな。光沢紙を使用したり、シールを貼ったり、ハンコを押したり工夫してみよう
デジタルでの作業は、「原稿の作り方 デジタル原稿本文」で説明したハードとソフトがあれば大丈夫ですが、注意する点が一つあります
フルカラー原稿の場合、CMYKをサポートている画像編集ソフトがあった方が良い
RGBで入稿可能で、印刷時に CMYKへ変換してくれる印刷所も増えていますが、自分が思っていた色と違った仕上がりになるかもしれません
初心者や、特に強いこだわりがないなら、RGB から CMYKへの変換は印刷所に任せた方が綺麗に仕上げてくれるということもある
RGBと CMYKどちらで入稿するかは人それぞれですね
ちなみに「CMYK」というのは色の三原色+黒、「RGB」は、光の三原色のことだぞ
パソコンなどのディスプレイで原稿を見ると、液晶やダイオードが発光していますから、RGB ですね
紙に印刷すると色だから CMYK になる。光と色では違うから、全く同じには再現できないということだ
RGB で原稿を作る場合、彩度の高い色をなるべく使わないようにすると、印刷したときのギャップを小さくできます

 【 ナビ 】  リンククリックでそれぞれの説明ページへ

デジタル原稿表紙 1  原稿の準備とスキャン
デジタル原稿表紙 2  テンプレートの作成
デジタル原稿表紙 3  補正とゴミ取り
デジタル原稿表紙 4  仕上げ




  【 同人用語集 】

  
 
   
 


  【書籍】 NEW!

同人誌の作り方が
本になりました

◇ 楽天ブックス ◇

デジタル同人誌の作り方

Amazonは こちら


  【電子書籍】 NEW!

Kindle版 同人誌
配本始めました

◇ kindleストア ◇

同人誌の作り方


同人用語集


  【ブログ】

   ・ 限定販売本一覧
   ・ 旧:限定販売本



  【広告】



Copyright(C) haruB All Rights Reserved.
since 2005